特許業務法人 快友国際特許事務所

求人情報

先輩メッセージ

自分の成長を感じながら
仕事に取り組むことができています 杉山 駿也
私は、転職活動中にリクルーターの方から特許事務所を紹介されたことがきっかけで特許事務所への転職を考えるようになりました。採用面接でパートナーの方々とお話しさせて頂いて、快友で働いてみたいと思い、入所を決めました。これまで知財に関わる仕事をしたことがなかったために、特許事務所への転職は非常に不安な点が多かったです。しかしながら、入所してからは、OJTを通じて丁寧に指導して頂けており、自分の成長を感じながら仕事に取り組むことができています。また、OJT以外にも所内での勉強会が開催されており、もちろん自ら勉強していなければならないことも多くありますが、知財の実務が未経験だからといって尻込みをする必要はないように思います。
事務所の雰囲気としては、企業に比べると非常に自由な気風であるように感じます。また、特許事務所というと暗いイメージがあるかもしれませんが、所員の方々も気さくな人が多く、明るい雰囲気の事務所だと思います。職場の立地も、名古屋駅から徒歩数分なので、非常に便利です。
仕事としてハードな一面もありますが、その分だけやりがいもある仕事だと思います。共に切磋琢磨していける方々の入所をお待ちしております。

男女の差を感じることなく
働くことができる 神谷 恵
私は、特許関連業務未経験で入所しましたが、明細書の書き方など、上司や先輩から丁寧に指導いただいています。入所して感じることは、仕事の時間の調整がし易いということです。このため、時間の融通のきくときにしっかりと業務を進めておけば、個人的な都合もつけやすくなりますので、女性にとっては働きやすい環境だと思います。仕事をこなしていくほどに自分のスキルが身についていきますので、やりがいを感じることができます。男女の差を感じることなく働くことができる点も女性にオススメです。
 また、私は弁理士資格取得を目指して勉強中です。弊所では、弁理士試験前の休暇取得制度や弁理士試験のための奨励金制度があります。その他にも、試験前の仕事量の調整など、個別の相談にも乗ってくれます。受験生が合格できるよう、事務所として前面的にバックアップしようという思いを感じ、とても励みになっています。
 特許技術者の仕事は、未経験でも意欲があれば活躍できます。やる気のある方、特に、女性の方の入所をお待ちしています。

希望をすれば積極的に海外経験を
積ませてもらえることも弊所の魅力の一つ 永瀬 龍壮
こんにちは。永瀬 龍壮(ながせ きみあき)と申します。
私は、2006年に事務所に入所し、2018年1月末で丸12年となりました。大学院を卒業後は企業に就職しましたが、知財業界に興味があり、特許事務所に転職しました。
当初は弁理士資格を有していなかったため、事務所で通常の業務を学びつつ、弁理士試験の勉強も行っておりました。弊所では、特に弁理士試験の勉強を強要されるわけではありません。私の場合、最初の数年は、業務を習得する方に重点を置くことを決め、弁理士試験に関しては1次試験である短答を合格できるよう少しずつでありますが、勉強をしておりました。その結果、数年かかってなんとか1次試験に合格することができました。その後は、弁理士試験に重点を置き、最終合格まで到達することができました。合格までの期間、私の勉強のペースに合わせて仕事量を調整してくださった事務所には大変感謝しています。
仕事面では、最初に業務の習得に重点を置いたことが功を奏したのか、弁理士資格を取得した後、すぐにクライアント企業様の担当弁理士を任せてもらえるようになりました。現在も複数のクライアント企業様の担当弁理士を任されており、責任はありますが非常に充実した事務所生活を送っています。
また、弁理士資格の取得後、海外での研修や出張に何度も行かせてもらっています(海外研修:インドネシア・シンガポール・マレーシア・ベトナム海外出張・アメリカ)、希望をすれば積極的に海外経験を積ませてもらえることも弊所の魅力の一つだと思います。

クライアントが要望する適切な権利を
取得することができるように努めています 山崎桂司
私は、以前は大阪にある特許事務所に勤務していました。その後に、名古屋にあるこの快友国際特許事務所に転職してきました。自分の出身地である名古屋にUターンで転職してきました。以前の特許事務所では、弁理士資格を取得する前に入所したので主に明細書作成補助者として仕事をしていました。現在の特許事務所では最初から弁理士として仕事をしています。現在は、主に国内及び外国における特許権の権利化業務に携わっており、特許出願業務及び中間対応業務を行っています。日頃の仕事では、クライアントが要望する適切な権利を取得することができるように努めています。また、以前の特許事務所と現在の特許事務所とではクライアントが異なるので、当然のことながら、私が担当するクライアントも大きく変わりました。転職したことによって具体的な仕事の進め方や担当クライアントが変わったので最初は戸惑う部分もありましたが、それと同時に、異なる人や考え方に接する機会が得られたことに新鮮さを感じました。転職することを積極的に推奨するわけではありませんが、職場が変わることで仕事における新たな発見や気づきがあることは良いことだと思いました。また、現在の特許事務所では最初から弁理士として仕事をしており、責任のある立場で仕事をしているので、重要な仕事を担当させてもらうこともあり、やりがいがあると感じています。

pageup