特許・実用新案 | 快友国際特許事務所

特許業務法人 快友国際特許事務所

業務内容

特許・実用新案

特許・実用新案

付加価値を生み出すことを強く意識して業務に当っております。

快友国際特許事務所は、技術の本質的理解に心がけ、発明者の認識を越えた付加価値を生み出すことを強く意識して業務に当っております。弊所には、エンジニアを経験した弁理士が数多く所属しており、様々な技術に通じております。発明者からアイデアを聴取し、弁理士の技術知識をフルに活用してアイデアを掘り下げ、展開し、発明者の期待を超えた明細書を作成致します。また、依頼人のビジネス状況や競業者の技術動向を理解し、依頼人のビジネス展開に好適な権利内容となるように努力しております。例えば、ライフサイクルの短い商品等については実用新案の戦略的な活用など、依頼人のニーズに合致した提案を致します。さらに、最新の判例等に関する所内勉強会を実施し、常に時代にマッチした明細書作成を心がけております。

また、弊所では、外国出願も多く手掛けており、日本出願の原稿作成の際には、外国出願を意識した翻訳し易い日本語明細書の作成に努めております。また、弊所には、外国(米国、欧州、中国)で研修した弁理士が在籍しており、外国の特許実務にも精通しております。外国出願の審査においても、現地代理人と協力し、可能な限り、広く、かつ、強い権利の取得を目指しております。もちろん、日本での審査においても、技術に精通した弁理士が発明の本質を的確に表現することで審査官の理解を促し、依頼人が望む権利範囲の獲得に努めております。

pageup