知財業務のアウトソーシング | 快友国際特許事務所

特許業務法人 快友国際特許事務所

業務内容

知財業務のアウトソーシング

知財業務のアウトソーシング

企業の知的財産部門で行っている業務の全て又は一部を請け負います。

快友国際特許事務所は、企業の知的財産部門で行っている業務の全て又は一部を請け負います。例えば、以下の業務を請け負うことができます。

発明発掘業務

発明者から技術のヒアリングを行なって発明提案書を作成します。弁理士が技術を正確に理解した上で作成しますので、発明のポイントを適切に捉えた分かり易い発明提案書を納品することができます。これにより、お客様が特許出願の要否判定を行なう際の負荷が少なくて済みます。

特許の出願前調査業務及びSDI調査業務

お客様が作成した発明提案書等の内容に基づいて、出願前調査を行ないます。弁理士が技術を正確に理解した上で調査を行ないますので、適切な調査結果を納品することができます。また、近似した従来技術が見つかった際には、従来技術との差異を出せる構成を提案することもできます。これにより、お客様が特許出願の要否判定を行なう際の負荷が少なくて済みます。また、お客様の事業内容に応じたSDI調査を行なうこともできます。

知財戦略のための資料作成業務

お客様が知財戦略を立案するための資料を作成します。例えば、他社の特許を調査してパテントマップを含む資料を作成することができます。また、例えば、他社の意匠、商標の取得状況を含む資料を作成することもできます。

特許権、意匠権、及び、商標権の管理及び棚卸業務

特許権等の維持年金の納付期限をモニタします。期限が近づいてきたら、お客様が権利に係る発明、商標等をどのようにして使用しているのかをヒアリングします。そして、ヒアリング結果に基づいて権利を維持すべきか否かの提案を致します。

pageup